タバコが体に及ぼす悪影響

タバコは身体に対してさまざまな悪影響を及ぼすものであり、それがあるために喫煙者は禁煙をするべきというようなことが良く言われるようになっています。
しかしながら、喫煙者からしてみればそうした害というものがあまり自覚されることはありません。
喫煙している時に軽い頭痛程度を感じるという人はいますが、それが耐えきれないほどのものであるというようなことはほとんどないからです。
ですが禁煙をせずに喫煙を続けるということになると身体にさまざまな悪影響があるのは事実であり、特に心配なリスクとなるのがタバコに含まれる発がん性物質です。
タバコの中には60種類以上の発ガン性物質が入っており、その多くは本来、人が吸うべきではないとされているような物たちです。
中には毒物として指定されているような成分もありますから、身体に良いはずがありません。
また依存性が強いということも悪影響のひとつです。
タバコに含まれるニコチンには強い依存性があり、その依存性の強さはヘロインやコカインよりも強いという研究データが出ています。
禁断症状自体もヘロインよりは弱いのですが、それでもコカインよりは強いというような研究がされており、これによって「やめたいのにやめられない」という状況に陥ってしまうのです。
そして極め付けとなるのが、継続して喫煙している人は非喫煙者に比べて10年ちかく寿命が短くなるというデータです。
現代、非喫煙者の35歳の人が70歳まで生きている確率は81%となり、5人に4人は70歳以上まで生きていられるようになっています。
しかし喫煙者となっている35歳の人が70歳まで生きている確率はそれから大きく下がって58%となっており、ほぼ2人に1人が70歳を迎える前に命を落としているとされています。
こうした害があるからこそ、タバコに関しては早く禁煙すべきであると言われるようになっているのです。

■成功率9割超えの実績がある補助剤!
チャンピックス